四国電力(四電)の【電気料金プラン「おトクeプラン・ホリデーeプラン」「パールプラン」】電気代 比較

スポンサーリンク

四国電力(四電)【電気料金プラン「おトクeプラン・ホリデーeプラン」「パールプラン」】電気代 比較

東京、神奈川、埼玉、千葉などの「首都圏」や、大阪、京都、兵庫など「関西圏」でも、”四国電力と契約”をすることができるようになりました。

首都圏」や「関西圏」にお住まいの方でも、四国電力が提供する電気料金プランが自世帯のライフサイクルとマッチする場合には、電気代を節約できる可能性があります。

 

  1. 四国電力(四電)の首都圏・東京エリア向け 電気料金プラン【パールプラン・ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン 】
    1.  
    2. 四国電力(四電) 首都圏・東京エリア【パールプラン・ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン】の「最低料金」「料金単価(定額超過分)」「アンペア」比較一覧
  2. 四国電力(四電)の関西エリア向け 電気料金プラン【ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン 】
    1.  
    2. 四国電力(四電) 関西エリア【ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン】の「最低料金」「料金単価(定額超過分)」「アンペア」比較一覧
  3.  
  4. 四国電力(四電)の四国エリア内 電気料金プラン【おトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプラン】など
    1. 四国電力の【おトクeプラン 】(四国圏内向け)
    2. 四国電力の【ホリデーeプラン 】(四国圏内向け)
    3. 四国電力の【再エネプレミアムプラン 】(四国圏内向け)
    4. 【四国電力(四電)のおトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプラン】従量電灯との「最低料金(基本料金)」比較
    5. 【四国電力(四電)のおトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプラン】従量電灯との「従量料金」比較
    6.  
    7. 四国電力(四電)のおトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプランと従量電灯の「基本料金(最低料金)」「従量料金」比較結果
    8. 【スマートeプラン [タイプL+] 】(四国圏内向け)…新規加入終了
    9. 【スマートeプラン [タイプH+] 】(四国圏内向け) …新規加入終了
  5. 四国電力(四電・よんでん) のホームページ(マイページ)って 一体、何が出来るの?
  6. 《四国電力(四電・よんでん) の マイページ「よんでんコンシェルジュ」》
スポンサーリンク

四国電力(四電)の首都圏・東京エリア向け 電気料金プラン【パールプラン・ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン 】

四国電力(四電) の首都圏・東京エリア向けの電気料金プランで、「パールプラン・ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン 」の4プランがあります。

 

4プランとも、一定の電気使用量までは、定額の料金設定になっていて、

その定額料金の使用量の範囲を超えれば、使用量に合わせて料金が加算される仕組みです。

 

定額分を超えた加算料金に関しては、従量電灯のように、電気使用量に合わせた「3段階」の料金単価設定になっている訳ではなく、

電気使用量がどれだけ増えても「1段階」だけの料金単価の為、複雑な電気代の計算をする必要がなく誰にでも分かりやすい料金プランです。

 

 

「パールプラン」「ブループラン」「オリーブプラン」「オレンジプラン」それぞれの違いは、

①契約が可能な「アンペア数」

②定額料金の電気使用量の範囲と、定額料金の価格

③定額分を超えた加算料金の料金単価

 

となっており、下記一覧にまとめてみました!

 

四国電力(四電) 首都圏・東京エリア【パールプラン・ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン】の「最低料金」「料金単価(定額超過分)」「アンペア」比較一覧

契約条件四国電力

パールプラン
四国電力
ブループラン
四国電力
オリーブプラン
四国電力

オレンジプラン
契約可能
アンペア
~20A・30A30A・40A30A・40A・50A・60A30A・40A・50A・60A
定額料金
(定額使用量)

2,400円
(~100kWh)

5,000円
(~200kWh)

7,800円
(~300kWh)

13,000円
(~400kWh)

定額超過分の
料金単価

26.30円
/1kWh

28.30円
/1kWh

28.30円
/1kWh

27.50円
/1kWh

 

 

四国電力(四電)の関西エリア向け 電気料金プラン【ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン 】

関西エリア向けにも、四国電力(四電) では電気料金プランを設定していて、「ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン 」の4プランがあります。

 

首都圏・東京エリア向けの電気料金プランと同様で、一定の電気使用量までは、定額の料金設定になっていて、

定額料金の使用量の範囲を超えた際の料金加算の仕組みや、「1段階」の料金単価という部分も同じです

 

 

ただし、首都圏・東京エリア向けの電気料金プランとは違い、

契約が可能な「アンペア数」が設定されておらず、定額分を超えた加算料金の料金単価が関西エリアの方が高めに設定されています。

また、「オレンジプラン」のみ、首都圏・東京エリア向けよりも定額料金の価格が少しだけ高くなっています。

 

詳しくは下記の一覧をご覧ください。

 

四国電力(四電) 関西エリア【ブループラン・オリーブプラン・オレンジプラン】の「最低料金」「料金単価(定額超過分)」「アンペア」比較一覧

契約条件四国電力
ブループラン
四国電力
オリーブプラン
四国電力

オレンジプラン
契約可能
アンペア
定額料金
(定額使用量)

5,000円
(~200kWh)

7,800円
(~300kWh)

13,500円
(~400kWh)

定額超過分の
料金単価

30.30円
/1kWh

30.30円
/1kWh

29.50円
/1kWh

 

 

四国電力(四電)の四国エリア内 電気料金プラン【おトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプラン】など

四国電力の【おトクeプラン 】(四国圏内向け)

四国電力(四電) のおトクeプランは、比較的電力使用量が多い世帯にオススメの電気料金プランです。

従量電灯と同じく、使用量により3段階に分かれている従量料金単価で、三段目(300kWh超過分)の従量料金単価が割安に設定されています。

 

「よんでんコンシェルジュ」に登録することにより、さらにお得な料金になることでしょう。

 

 

四国電力の【ホリデーeプラン 】(四国圏内向け)

四国電力のホリデーeプランは、平日の料金が高めとなりますが、休日の料金単価がかなり割安に設定されている料金プランです。

仕事などで平日の在宅時間が少ない世帯にはピッタリのプランとなります。

 

週末に家事をまとめて行う場合にも、オススメのプランでしょう。

 

 

四国電力の【再エネプレミアムプラン 】(四国圏内向け)

四国電力の再エネプレミアムプランは、電気料金が若干、高めでも環境を守りたいという思いの強いあなたの為の料金プランと言えます。

 

火力発電や原子力発電といった環境に悪影響のある発電による電気ではなく、

再エネプレミアムプランに契約すると、水力発電などの環境に優しい発電から生まれた電気が供給される事になります。

 

 

【四国電力(四電)のおトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプラン】従量電灯との「最低料金(基本料金)」比較

アンペア四国電力

従量電灯A
四国電力
おトクeプラン
四国電力
再エネプレミアムプラン

四国電力
ホリデーeプラン
10A

最低料金制の為アンペア関係なく

403.92

最低料金制の為アンペア関係なく

403.92

最低料金制の為アンペア関係なく

807.84

最低料金制の為アンペア関係なく

349.92

15A
20A
30A
40A
50A
60A

単位:円

【四国電力(四電)のおトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプラン】従量電灯との「従量料金」比較

一ヶ月の電気使用量四国電力
従量電灯A
四国電力
おトクeプラン
四国電力
再エネプレミアムプラン

四国電力
ホリデーeプラン
(ホリデー料金)
下段( )内 
300kWh~
29.9527.7932.1134.15
(18.41)
200kWh~300kWh
26.50
26.5028.66
34.15
(18.41)
120kWh~200kWh
26.50
26.50
28.6630.22
(18.41)
80kWh~120kWh
20.0020.0022.16
30.22
(18.41)
11kWh~80kWh
20.00
20.00
22.1622.80
(18.41)

単位:円

 

四国電力(四電)のおトクeプラン・ホリデーeプラン・再エネプレミアムプランと従量電灯の「基本料金(最低料金)」「従量料金」比較結果

四国電力(四電・よんでん)の電気料金プランである、「従量電灯A」「ホリデーeプラン」「再エネプレミアムプラン」などは、基本料金制ではなく、最低料金制をとっている為、電気料金の計算にアンペア数を考える必要がありません。

 

従来の電気料金プランの「従量電灯A」との比較において、

「おトクeプラン」では、電気使用量が300kWhを超過した料金単価が安い以外は、それ以外の電気使用量での「料金単価」や「最低料金」に違いがない事が、上の一覧からも一目瞭然です。

 

逆に、「再エネプレミアムプラン」では、「料金単価」「最低料金」ともに全てにおいて、「おトクeプラン」はおろか、「従量電灯A」よりも高い料金設定がされているのが見て取れます!

 

 

一方、「ホリデーeプラン」は、最低料金(基本料金)は、

「従量電灯A」「おトクeプラン」よりも更に安く設定されていますが、平日の従量料金が大幅に高く設定されているのがお分かりいただけるでしょう。

 

その代わりに、「ホリデーeプラン」は、土日と祝日の従量料金が大幅に安いというメリットがついている為、

電気の使用を平日以外の土日祝に集中させられるのであれば、かなりの電気代を節約できる電気料金プランとなります!

 

 

さらに、四国電力(四電・よんでん)では、新規の加入はもうできませんが、夜の電気料金を安くできる、「スマートeプラン」という料金プランがあり、昼間は不在で、夜に電力使用が集中している方の場合は、大幅に電気代が抑えられます。

 

これらを踏まえた上で、「環境への思い」や「電気使用量」「生活スタイル」に合わせた電気料金プランの選択を再考するのが良いでしょう。

 

 

【スマートeプラン [タイプL+] 】(四国圏内向け)…新規加入終了

スマートeプラン [タイプL+]は、夜間の料金単価が大幅に割安になっているプランです。

昼間の在宅時間が少なく、家事などは夜間にまとめてやってしまうライフスタイルの方にピッタリでしょう!

 

オール電化住宅で、家事の大半を夜間にシフトできる場合には、大幅に電気料金を抑えることができます。

 

 

【スマートeプラン [タイプH+] 】(四国圏内向け) …新規加入終了

スマートeプラン[タイプL+]の料金設定に、週末在宅の想定を加えたプランです。

平日の昼間の料金単価が大きく割高になりますが、週末の昼間の料金単価が割安になります。

 

土日休みの仕事で、仕事以外の時間帯は在宅している可能性が高い世帯にはピッタリですね。

 

 

四国電力(四電・よんでん) のホームページ(マイページ)って 一体、何が出来るの?

四国電力(四電・よんでん)http://www.yonden.co.jp/

 

四国電力(四電・よんでん)のホームページには引越し手続きの案内や各料金プランの他に、停電情報、子供向けページキッズミュージアムなどが掲載されています。

 

キッズミュージアムには、電気の枠を超えた「エネルギー」のことが書かれていたり、生き物や天候などの科学の解説があり、とても勉強になるでしょう!

 

四国電力からのお知らせである「プレスリリース」の更新も頻繁であり、多くの生きた情報を手に入れることができるホームページなのです。

 

 

《四国電力(四電・よんでん) の マイページ「よんでんコンシェルジュ」》

四国電力(四電・よんでん) の マイページの「よんでんコンシェルジュ」「よんでんポイント」のお得なポイントは下記のページにて詳細に紹介していますので、こちらからご閲覧くださいね!

 

>「よんでんコンシェルジュ」「よんでんポイント」詳細・続きはこちらのページ へ

 

(各種 申込みは、下記から)

四国電力(四電・よんでん) の 店舗一覧

 

(電話でのお問合せ)

四国電力窓口:該当する地域を確認

 

>引っ越し・解約や契約前には確認しておきましょう!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました